海外投資データバンク 海外投資検定 
海外投資の基本 高度な投資戦略 為替リスク 債券投資 国と企業の情報 株価指数&ETF データ&用語集 確定拠出年金
HOME > 債券投資

債券投資の基本について

資産運用では、株式と並び重要な存在として「債券」があります。債券とは、発行母体によって元本と利息が保証された金融商品です。よって、発行母体が破綻でもしない限り、利息分だけ確実に資産が増えていきます。この安全性こそが、債券投資の最大のメリットです。

資産運用のコアになるのがインデックス投資(分散投資)であることは述べましたが、その相棒として、債券(国債)にも投資する事が、インデックス投資の基本です。株式はいくら分散投資しても、全てのリスクを無くす事は出来ません。世界では、数年に一度は株式市場が大きな暴落に見舞われる傾向にあり、株に投資している限り、一時的な資産の目減りは避けようがないのです。

そこで活躍するのが、債券投資です。債券・特に国債は、その国の政府が財政破綻しない限りは、元本と利息が保証されます。実際には、債券価格というのも変動しますが、株式のようにいきなり2割も3割も暴落する事はまずありません。特に、複数の債券に分散投資する債券ファンドなら、リスク(値動きの幅)は株式の半分以下といった所です。

若い世代の人は、債券ゼロで全額株式投資に回しても構わないです(※注1)。投資期間を長く取れるので、株価が暴落しても回復を待つ余裕がありますし、毎月安定して給与所得も得ているからです。しかし、定年退職した高齢世代の場合、毎月の収入(年金)は会社員時代よりも遙かに少ないです。それに高齢者は、いつ病気になって出費に迫られるか分からないので、若い人のように気長に株価の回復を待てる時間的余裕もありません。

ですから、年齢と共に株式の割合を減らし、リスクの低い債券へシフトさせるべきなのです。

このコーナーでは、債券投資の有効性や、注意しなければいけない点などを挙げていきます。株式だけでなく、債券投資も上手に活用する事で、貴方の資産運用はより強固なものへと進化させる事ができるはずです。

※注1:「全額」というのは、投資に回せるお金のうちの全てという意味であり、全財産を株式投資せよという意味ではありません。どれだけリスク耐性のある人でも、投資金とは別に、一定額の現預金(給与所得の数ヶ月分)は絶対に確保しておくべきです。




海外投資のトラブルと対策 低PER投資の有効性 リバランスは必要ない! ドル円の一日の変動幅 ブラックマンデーの原因  
国民年金基金のデメリット 上海総合指数 アメリカの長期金利 新興国債券は必要か? 

免責事項とプライバシーポリシー | 参照元と著作権について | お問い合わせ | 俺流ヘッジファンド運用報告書 
 Copyright (c) 2013. 海外投資データバンク. All Rights Reserved.